私の推し話

あれから一ヶ月。

2021年1月16日

「もう」なのか「まだ」なのか…。あれから一ヶ月経ちました。

今日は推しを長年担当されていたマネージャーさんのお誕生日です。おめでとうございます。

毎年欠かさずリプでお祝いできるように、LINEの「リマインくん」に設定してあったのすっかり忘れてました。(このブログ書いてる最中に通知来た)

今年は直接お祝いできなくて残念。ってもう一生会わないか。

次の仕事どうするんだろう、なんて。

この一ヶ月はそんなことを何度も思い浮かべては、もう私の知る所ではないなと思い直す日々です。

やらなくなったこと

  • 毎時間アクセスしていたファンクラブに行かない
  • Twitterで推しの名前のパブサをやめた
  • 同担監視、愚痴垢監視しなくなった
  • 声優さんのラジオを聴かなくなった
  • 推しが出演していた番組、原作アニメ作品を見なくなった

推し関連はこのブログで懐古する以外は時が止まっているので、あれだけ毎日1時間ごとに新たな更新がされてないかチェックしていた公式ファンクラブも閉鎖され見に行かなくなり、新情報がないか休憩のたびにTwitterで推しの名前入れてパブサしていた習慣もなくなり、同担監視リストも愚痴垢も精神衛生上あの日を境にパッタリ覗かなくなり…。

最近は仕事の休憩時間にやることが無いからそのままぶっ通しで仕事してます。

いままでどんだけ推し活に時間を費やしていたんだ……。

愚痴垢は関係ない人が書かれてるからおもしろおかしく見てたけど、いざ自分の推しが渦中になると怖くて見れないもんだな〜と学びました。

あと「推しを好きな同担」が好きだったので、嫌いになった姿を見たくなくて、あれ以来一度もリスト覗いてないんだけど、みんなどこかで元気にやってるだろうか…元気に生きていて欲しいなと願うばかりです。(同担拒否だったけど)

振り返ってみると、取り憑かれてた???って思うような依存性(笑)

推しのオーラ診断で「ファン達の生き霊がいる」っていわれてたけど、間違いなく私も居たと思います。

推しきっかけで見始めた原作アニメや原作キャラの声優さんパーソナルラジオ番組なんかは、去年現場の少ない中、毎週楽しみにしていた趣味のひとつで、騒動まで欠かさずチェックしていたルーティンだったんだけど、あれ以来ぱたりと見なくなってしまいました。

てっきりコロナ禍で生まれた新しい趣味だと思っていたけど、結局推し活の派生にすぎなかったんだと知る…。さみしい…。

今までは発売日には仕事定時で終わらせて届いたら直ぐ見ていた出演作も、未開封のまま置いてあります。

リリイベ確定券だからって意気込んで同じやつ2枚買ったのが届いて虚無虚無プリンになっちゃった〜

そんな感じで(?)

日常が180度変わってしまい、まったく新しい生活を過ごしており、細胞も生まれ変わり、記憶もおぼろげになり、ドーパミンが出まくって推し活していたあの頃が遠い昔のような…夢かなにかか?と思うような…

始めたこと

  • 別の趣味(映画鑑賞、読書)の充実
  • 仕事に熱中
  • 資格の勉強

この5年、90%は推し中心の生活を送っていたのは間違いないですが、そんな生活の中でも10%くらいは細々と続けていた別の趣味(映画鑑賞とか)を見る本数増やしてみたり、仕事に熱中してみたり。

大抵がサブスクで済んでしまうので、全然お金を使わなくなって、舞台俳優推すのってお金かかるな??と改めて実感。

10%でもなんでも、別の趣味があったからこそ今も毎日嘆き悲しまず生きていられて、「あ〜推しが100%じゃなくて良かった〜〜〜」って心から思います。

そしてこの状況下で、2020年は自分の推し活が全体的に「徐行運転」だったのもあり、急ブレーキではなかったので、ショックが少なくて済んだなあ…と思ってます。

だんだん今の生活が「当たり前」になっていくのかなあ。他の俳優推してる友達とも、段々話が合わなくなっていくのかなと思うと寂しいです。

あとなんだかんだ推し中心でまわってた世界は、自分史上いちばんぶっ飛んでて、クレイジーで、最高に楽しかったな。

それがもう味わえないんだなあ……。

今日は辛気臭い記事でごめんなさい。

基本は楽しかった思い出話をまだまだ綴っていきたいなと思っています!!!

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

タフ子

2.5次元俳優を約5年応援していた俳優ヲタク。その前はジャニヲタ、アニメオタク。特技は先着発売のチケットを取ること。

-私の推し話

© 2021 tafugumi