推し活

「推し、燃ゆ」「推し武道」オタクが出てくる!おすすめ小説・漫画10選

2021年6月19日

「おすすめのオタクと推しの小説はどれ?」「推し活をする作品が読みたい」

第164回芥川龍之介賞受賞作で宇佐見りんさんの『推し、燃ゆ』が受賞し、話題となりましたよね。

「推し」や「推し活」という言葉がメジャーになってきた最近では、小説や漫画でも推し活をする姿・芸能界に立つ側の視点から描いたものなど、多数の作品が出版されています。

今回は、”推しとオタク”を題材にしたおすすめ作品をご紹介します!

推しとオタクを描いた作品!おすすめ小説4選

No.1 推し、燃ゆ/宇佐見りん


おすすめポイント

  • 第164回芥川賞受賞作、2021年本屋大賞ノミネート作品
  • 表題通り推しが炎上する
  • 男性アイドルを推す、女子高生の話

宇佐見りんさんの『推し、燃ゆ』は、第164回芥川龍之介賞受賞作で2021年もっともとアツい推し活小説です。

受賞発表の数週間前に推しが大炎上した私からしたら、主人公が他人事だと思えなくて爆速で購入。

推しがファンを殴って炎上してしまうところから物語が始まりますが、3次元の推しを持つオタクは、いつか炎上やスキャンダルと向き合う日が来るかもしれない。

そんな全ての3次元のオタクに読んでほしい1冊です。

No.2 武道館/朝井リョウ


おすすめポイント

  • 女子高生アイドルの恋愛や日常
  • オタクとの握手会の描写がリアル
  • 武道館を目指す売れないアイドルグループ

朝井リョウさんの「武道館」は、主人公が女子高生のアイドルで、その子が成長していく姿を描く物語です。

私がファンレターを書くときに、参考にしていた「たった一通の手紙が、人生を変える」という本の『ファンレター』という章で、朝井さんがつんく♂さんに寄せたお手紙が掲載されていたのをきっかけにこの作品を読みました。

アイドル側から見た握手会のシーン描写がリアルで特にお気に入りなので、握手会のある界隈のオタクにぜひおすすめしたい作品です。

No.3 りさ子のガチ恋 俳優沼/松澤くれは


おすすめポイント

  • 舞台俳優を追いかけるオタク視点の話
  • 2018年に舞台作品が2.5次元界隈を中心に話題に
  • こういう若手俳優オタク、いる。

「りさ子のガチ恋俳優沼」は、2017年に同名の舞台が話題となり2018年に小説化されました。

2.5次元舞台あるあるが随所に盛り込まれた、推しとの近くて遠い距離感やオタク友達の会話がとてもリアルです。

同時期に2.5次元俳優を推していた身としては、身に覚えもあるし「本当にこういうオタク、居たな」と思う界隈の闇を映した作品。

2019年に舞台再演がありDVDも販売しているので、是非そちらもおすすめです。

No.4 あの頃。 男子かしまし物語/劔樹人


おすすめポイント

  • ハロプロオタクである作者のコミックエッセイ
  • 2021年、松坂桃李主演で映画化
  • 男オタ目線の物語

2020年、松坂桃李主演で映画化されたハロプロのガチオタを描く作品。

まだSNSやスマホが無い、AKBグループがまだ存在しない、2000年代にアイドル・松浦亜弥を全力で推したオタク達の物語です。

U-NEXTで独占配信中!

"

推しとオタクを描いた作品!おすすめ漫画5選

No.1 推しが武道館いってくれたら死ぬ/平尾アウリ


おすすめポイント

  • 広島のご当地アイドルを推す女オタクの物語
  • 2020年、アニメ化して話題に
  • 規模が小さい現場ならではのエピソード満載

2020年にアニメ化して話題となった、広島のご当地アイドルを全力で推す女TOと、その推しの物語。

推しすぎて着る服がないほど金欠ギリギリで生きている主人公えりぴよと、他メンバーを推すアイドルオタク仲間やアイドル達の内情が交互に描かれていてテンポ良く読み進めることができます。

地下アイドルならではの握手会やライブのエピソードは、小規模で活動している推しを持つオタクには刺さること間違いなしです!

No.2 【推しの子】 /赤坂アカ、横槍メンゴ


おすすめポイント

  • 主人公が推していたアイドルの子供の話
  • 主人公転生もの
  • 今までのアイドル題材作品とは違う面白さ

主人公が異世界転生する作品が流行していますが、【推しの子】 も同様に主人公転生の漫画です。

女性アイドルを推してる作品がいくつもある中、予想外な展開で物語が進んでいきます。

アイドル漫画はもう見飽きたな〜ってマンネリを感じる方におすすめの漫画です。

No.3 2DK/竹内佐千子


おすすめポイント

  • 2.5次元や2次元を楽しむオタク女子の物語
  • 主人公のオタク女子2人がルームシェア
  • オタク女子のあるある話

2DKは女オタク2人がルームシェアをする、ゆるくてほのぼのとした漫画です。

連載開始が2013年なので、2.5次元舞台の金字塔「テニミュ」や「ペダステ」を中心としたエピソードが満載。

推しとの接触イベントの様子など、思わず「わかる!」と声が出てしまう2.5次元オタクにはおすすめの作品です。

No.4 ガチ恋粘着獣 ~ネット配信者の彼女になりたくて~ /星来


おすすめポイント

  • 動画配信者のガチ恋女子大生
  • ガチ恋あるあるシーン多数
  • 同担同士の争いが面白い

Twitterで一躍話題となった人気動画配信者にリア恋(ガチ恋)する女子大生が恋に狂う姿を描く作品。

主人公の「好き」の気持ちが暴走して害悪になっていく姿は推しのいる女子に刺さるのでは?

同じ配信者グループを元に1巻・2巻はメンバー「スバル」にガチ恋するオタクを主人公に、3巻・4巻はメンバー「コスモ」にガチ恋するオタクを主人公に描かれていますよ。

No.5 麻実くんはガチ恋じゃない!/ひととせはるひ


おすすめポイント

  • 2.5次元俳優を追っかける男子大学生(男オタ)
  • 両片思いのほのぼのBL
  • pixivコミックなので一部無料で読める

pixivコミックが話題となり単行本・ドラマCDをリリースするほどの人気作品「麻実くんはガチ恋じゃない!」

主人公の男オタと主人公が推している2.5次元俳優のもどかしい両片思いBL漫画です。

2017年に連載開始し2021年に遂に完結しましたが、pixivコミックでは無料公開している話数もあるので、無料で楽しみたい方にもおすすめですよ。

【番外編】推しとオタクを描いた作品!おすすめTVドラマ・映画

だから私は推しました/NHKよるドラ


おすすめポイント

  • ある日リア充のアラサーOLが地下ドルのガッツに
  • 主人公が警察に取り調べを受けている所から物語が始まる
  • 地下アイドルを推す女オタの話

NHKオンデマンド(Amazonプライムビデオ)で見れます

リア充OLとして生活していた三十路の女性が、ある日、地味な地下アイドルの女の子を推すようになる連続ドラマです。

そんな主人公が、太客の同担をビルから突き落とした容疑で警察から取り調べをうけるところから物語が始まる面白いストーリー。

NHKオンデマンドの別途チャンネル登録が必要ですが、Amazonプライムビデオでも見ることができます。

読み放題アプリ「Kindle Unlimited」を活用する

最近は電子書籍も普及してきて、読みたいときにいつでも読めたり、本が山積みになって家が手狭になる…なんてこともなくなり便利ですよね。

私も今回紹介した本は、文庫ではなく電子書籍で読んだ作品ばかりです。

Kindleという専用タブレットで読むことも出来ますが、アプリのダウンロードでiPhoneやiPadで読むことも出来るので私はアプリをDLして利用しています。

他にも最近は「コミックシーモア」や「めっちゃコミック」などの電子コミックサービスも普及していますので、そちらも持ち運びが便利でイベント現場で友達に「最近面白い作品があるよ」と話題にしやすいのでおすすめです。

\ 初回30日間無料! /

Kindle Unlimited

注意ポイント


時期によってKindle Unlimitedの対象本から外れてしまうこともあるので注意が必要です。

まとめ

いかがでしたか?

今回私が読んだことがある作品を紹介させていただきましたが、まだまだ「推し活」を題材にした小説・漫画はたくさんあるはずです。

今回紹介した作品は、3次元の推しを推した経験のある人には「わかりみが深い」と感じる作品ばかりです。

作品の中のオタクと一緒に、文庫や漫画でも推し活を楽しんでもらえたら嬉しいです!

他にもおすすめの記事はこちら


【生誕祭2021】本人不在!推しの誕生日におすすめのバースデーケーキ5選【誕生祭2021】

「推しの誕生日はとき ...

続きを見る


雑誌で推しのチェキを当てるコツ

「チェキを当てたい! ...

続きを見る

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

タフ子

2.5次元俳優を約5年応援していた俳優ヲタク。その前はジャニヲタ、アニメオタク。特技は先着発売のチケットを取ること。

-推し活

© 2021 tafugumi