フラスタ

フラスタって?相場やお花を贈るときに失敗した話

2021年1月1日

フラスタを推しに贈ってみたいけど、やり方がよくわからない…。

お値段は?どうすればいいの?そんなオタクの方に少しでもお役立ちできるよう、今までの失敗談やお値段を赤裸々に語りたいと思います!


初めて推しにお花を出したのは、推し始めて1年目の2017年。

ネットで検索してもお花を個人で出す人の記事って無くて、出してる人はTOとかお強いオタクばかり…。「お金足りる…?」とドキドキしながらお花屋さんを調べて問い合わせたことを今でも鮮明に覚えています。

推しの場合、1日開催のイベントがほとんどだったので、1日に3万円以上のお花を出す気にはなれず2万5千円が毎回の予算でした。

豪華なお花は出していませんが、個人でお花を出してみたいオタクの人へ少しでも参考になれば幸いです!

初めて出した真っ赤なフラスタ

Vent Fleur(ヴァン フルール)様

  • ヴァンフルール様はバルーンが得意
  • 札デザインは自作でデータ送信
  • お値段はバルーン込みで23000円前後

バースデーイベントで、誕生日プレゼントを何にしていいものか悩んだ末、「会場の賑やかしになるものを贈ろう」と初めてフラスタを贈ることに。(主催からは事前に花OKが出ていました)

フラスタはイベント主催者から設置と撤収時間を事前に指定されていることが多く、その条件をクリアしてくれるお花屋さんでないといけないので、頼みたいお花屋さんのスケジュールが空いているか確認が必要です。

そんなことも知らず、イベント開催2週間前の7月下旬にお花屋さんにメールで問い合わせ…。

イベント日がお盆まっただ中ということもあり何件か断られたのですが、そんな中OKしてくださったお花屋さんがヴァンフルールさんでした。

▼フラスタを1度も出したことのない私が当時参考にしたブログ

hananekoan.exblog.jp

花猫庵さんは地下アイドルの生誕委員が大きなスタンド花を出すときに依頼している印象。

何度かバルーンの有無や花の色についてのやりとりを行い、1週間前にはお花屋さんにイラストボード用のJPGデータを送り、バルーンもお花屋さんの手配です。

JPGデータはPhotoshopで作りました。素材は【イラストAC】
さんでバースデーケーキや星・リスの画像をダウンロードして使用。無料だとダウンロード回数制限はあるんですが、可愛い素材が使えてオススメです〜!

失敗談

全く勝手がわからなかったので「赤いお花でお願いします!」とお願いしたら、本当に真っ赤だったのでボードとミスマッチに(笑)

青色のお花は単価が高く同じ値段でもボリュームが減ってしまうなど、花や色を指定することで見栄えに差が出てしまうので、強いこだわりが無い場合はお花のプロであるお花屋さんにお任せしたほうが良いかと思います。

設置したらお花屋さんから「搬入完了しました!」とお写真とともに報告いただけて、入場前に一安心。おすすめなお花屋さんです!

Vent Fleur(ヴァン フルール)の公式HPはこちら

一週間前に思い立って頼んだフラスタ

勝ち花.com様

  • 土曜日開催のイベント、月曜日に注文する
  • クレカ払いが出来る
  • 札はA3サイズ、自作でデータ送信

声優として推しが初めて出演したイベントのお花。

3万円+税。「勝ち花プラン」のkp-012 淡いペールトーンのスタンド花です。

オリエンタルリリーが沢山入っていて、まだ咲いていない花などもあったので(数日間展示する用だと思われる)、イベント1日だけ展示するお花としては、お花も費用ももったいなかったな、という思い出。

声優のオタクさんはフラスタを出す文化が昔からあるという噂を耳にし、俳優畑の推しに「花を贈る人…いる…?」と不安になり、とりあえず1基でも多くあったほうがいいでしょ!と贈ったお花。

このイベントは午前10時必着という時間指定で、早すぎても遅すぎてもダメだった記憶。そのため何店か開催数週間前に問い合わせたのですが、必着は厳しいとお返事がありお花を贈るのを半ば諦めていて。

でもやっぱり贈らないと後悔しそう〜〜〜〜!と月曜日に注文し、イベント前日金曜日にボード画像データを送り、土曜日にイベント。急過ぎる。

結果として当時のTOと私と友人しか推し宛に出していなかったので「出してよかった…」と思ったお花です。

こちらの写真は、お花屋さんが贈ってくれた設置完了の写真ですが、パネル上までちゃんと写ってないんですよね(笑)

会場で自分でも撮影したんだけど、当日雨でカメラが曇ってしまい、うまく撮影できなかった……。

勝ち花.comの公式HPはこちら

大晦日に設置撤収をお願いするフラスタ

株式会社フローリスト カノシェ様

  • 大晦日に設営、撤収をお願いすることでお花屋さんの手配困難
  • オプションでリボンを付けてもらう
  • 札は自作パネル、事前郵送

12月31日の大晦日にあったイベントのお花。

出演キャストが人気俳優ばかりだったので、これは花の数争いになるのでは?と2万円のスタンド花1段。オプション2千円くらいで花下に大きなリボンを付けていただきました。パネル作成やパネル郵送費も自己負担なのでトータル3万円くらいかかったかな〜。

お花出せるって発表があった日に各所に問い合わせて、「大晦日設置・元旦深夜撤収は厳しい」というお返事。(それはそうw)

カノシェさんが唯一OKでした。ただしカノシェさん自身は配達エリア外だったので、提携している近隣のお花屋さんが担当してくださることに。

お花を出し始めて色んなことに挑戦したい欲が出ていたので、今回は自作パネルを作って郵送。

A3サイズの元絵をネットプリントで送り、近所のセブンイレブンでカラー印刷。

近所の文房具や東急ハンズを巡って、ようやくA3のパネルを購入。

そこに貼ってカッターで自分で切ったんだけど、5mmボードが厚すぎて切るの大変だった……。

失敗談

A3サイズにキャラ絵も宛名も入れたので、実際のイベント会場では小さく感じました。1枚にするならA2サイズ、それか名前と絵は別々かなあ…。

株式会社フローリスト カノシェの公式HPはこちら

No.4 1万5千円の最安価フラスタ

株式会社フローリスト カノシェ様

  • 推しの名前を間違えられる(笑)
  • 15000円+税
  • 木札はお花屋さんにお願いした

1段スタンド花、最安価の15000円+税。

連日のCDリリースイベントで財布事情も厳しく、今回も「1基でもあったほうがいいでしょ」精神で贈ったフラスタ。

一体どのくらいのお花なのか試しに頼んでみたのですが、お値段通りのお花でした…。

同担にマウントとる材料としては弱いと思いますが、運営に「推しにファンがいるんだな〜」と思われる要素の一つとしてはいいのでは?

あと、パネルや工夫次第では華やかになるかもしれません。でもやっぱりフラスタは2万円以上がおすすめです。

推しの名前を「澤」ではなく「沢」で届けられてしまい、マチネとソワレの間でお花屋さんがマッハで作り替えてくれました。

夜の部には正しい名前で間に合ったのですが、特殊な名前の方は注文時お花屋さんに念を押したほうがいいですよ!(笑)

株式会社フローリスト カノシェの公式HPはこちら

No.5 自作ボードリベンジしたフラスタ

株式会社フローリスト カノシェ様

  • 運営に雑に扱われた無念のお花
  • スタンド1段の25000円+税
  • 自作ボード2枚で挑む

スタンド花1段 25000円+税。

カノシェさんは明朗会計で提携店がたくさんあって融通も利くし、メルマガでポイントも貯まるので愛用していました。

No.3のフラスタのとき自作ボードが小さかったので、A2パネルでイベント名とイラスト、A3パネルで宛名を作成。

お花屋さんが撮影してくれた設置完了の写真が↑でサイズが小さくめっちゃ画質が荒い(笑)

「あとで自分で撮影するし、まあいっか〜」と思って会場入りしたら、大量のお花が届いていたのかぎゅうぎゅうに並んでいて、隣の花のバルーンが被さって綺麗に撮れなかった悲しい思い出のお花です……。こんなに隣と被るのどうなん?(笑)

株式会社フローリスト カノシェの公式HPはこちら

No.6 搬入前日に頼んだフラスタ

株式会社フローリスト カノシェ様

  • 搬入前日に頼んだお花
  • カノシェさんが作成
  • 出したお花で1番お気に入り!

1段スタンド花、最安価の25000円+税。

この頃になるとフラスタを出す同担も増えてきて、「私は2万円もするお花を毎回出せるほどのご身分か?」と自問するようになり、直前まで出す気がなかったんですが(笑)

推しにとって初めてのストレート舞台、そうそうたるキャストの方々が出演する晴れ舞台でもあったので、1基でも多く出してお偉いさんにアピールできればいいか…?と前日に思い立ち、ダメ元でカノシェさんに事前問い合わせもせず注文。

「明日(11日)搬入なので、間に合えばお願いします。無理ならキャンセル処理をお願いします」と依頼したところ、運良く同じ作品に搬入する予定があったようで、OKいただき作っていただけました。

直前だったので色も花も指定なしで、豪華にお願いします!と依頼したところ赤と白を基調とした百合もたくさんの豪華なお花に仕上げてくださり、また展示期間が今までと違い2週間ほどあったので、その間もお花が保つように蕾みの花などバランスよく入れてくださったおかげで終盤も枯れることなく飾られていてとても嬉しかったです!

これまで何度もカノシェさんにお願いしつつ、毎回エリア外だったので別のお花屋さんが担当してくださったのですが、今回はカノシェさんに担当していただきました。

素敵なお花だったな〜。

株式会社フローリスト カノシェの公式HPはこちら

ボード文字がお洒落なフラスタ

ネイティブフラワーイーダ様

  • +500円で書いてくれる文字がお洒落
  • コスパが良い
  • 木札はお花屋さんにお願いした

1段スタンド花、25000円+税。おまかせスタンド花の中の「バーガンディ」というお花です。

別途500円ほどでクセのある文字で木札を書いてくれるネイティブフラワーイーダさん。

デザインも個性的でボードもおしゃれなので、コストパフォーマンスが高いなと個人的には思ってます!

友達と連名で出したことがなかったので、出来て楽しかったな〜。

(ただお花の枝がお隣のお花の邪魔をしてしまって申し訳なかった…)

ネイティブフラワーイーダの公式HPはこちら

まとめ

以上!私がいままで出したお花達でした!

「推しにお花を出す」ってオタクをする上で夢のひとつだったので、毎回時間もお金もなくてギリギリだったけど(笑)

色んなお花を出せて楽しかったです。

ハート型のフラスタとか電飾とか、お花の種類やデザインにこだわり出すと1基3万円〜はザラだし上を見ればきりがないですが、2万円台でもじゅうぶん可愛いお花は出せるので誰かの参考になれば幸いです。

私がお花を贈るときに参考にしたオススメ記事です

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

タフ子

2.5次元俳優を約5年応援していた俳優ヲタク。その前はジャニヲタ、アニメオタク。特技は先着発売のチケットを取ること。

-フラスタ

© 2021 tafugumi