広告 私の推し活

無認知は無力

2017年11月5日

前回の記事にスターありがとうございます!

先日推しさん出演の舞台初日がありました。

今回もなかなかの激戦チケットで、出演者も多く会場も大きかったせいか、よくみる”おまいつ”さんも会場で見かけず、推しのファンはどのくらい会場にいるんだろう…?と余計な心配をするほどで。

これもまた人気コンテンツだったので、以前から原作のファンから推しさんがあれこれ言われたりして、初日の今日なんてもの凄い緊張してるんだろうな…と思っていたところに、有料会員向けに「緊張している推しの心を支えているのはファンの皆さんだけです」みたいなニュアンスのコメントがあり。ひえええ~こりゃ相当だな!と思って劇場に向かいました。

この初日、私は運良く最前列でして。

ライブシーンがある舞台だったので、カラギャンもしてペンライトも推しの色にして、「あなたのファン、ここにいるよ!」ってアピールしたんだけど、私覚えられてないから推しが演じてるキャラのファンと思われてるのでは?それなんの心の支えにもならないのでは???とふと我に返りました。虚しい。

わたしは原作を元々知らなくて、推しさん目当てにチケット取ったし、推しの敵では全くないのに、顔認知さえもらってない無力なオタクが良席に座って視界に入ったからといって、なんの力にもならないのでは、、、

アーメン

ところでガチ恋の話題が盛んですね!!

学生の頃、スーパーのレジのバイトしてたんですけど必要最低限の会話しかしないけど必ず自分のレジに並んでくれるお客さん、逆に「がんばってね!」って声掛けてくれる人、差し入れってお菓子くれる人がいて本当にありがたいなーって単純に嬉しかったんですね。

推しにとってそういう人になれてたらいいな~って思います。

お客さんの出入りが激しい人気店舗だったのでバイト時代、顔認知(笑)してたお客さんのほかにも、もしかしたら必ず並んでくれるお客さんとか私のこと気に入ってくれてた人がいたのかもしれないって思うと、今の自分を重ねてごめんな…って気持ちです。なかなか全員を覚えるのは難しいよね。

スポンサーリンク


おすすめ推し誕生日ケーキ

今すぐCHECK

  • この記事を書いた人

タフ子

2.5次元俳優を約5年応援していた俳優ヲタク。その前はジャニヲタ、アニメオタク。特技は先着発売のチケットを取ること。

-私の推し活